ドローン検定を取得したい!過去問対策法と合格メリットについて

ドローンを使ったビジネスの場ではドローン検定の取得が有効です。検定に合格することでドローン飛行の許可を国土交通省に行う時などに許可証を提示することができます。

またコミュニティサービスへの参加ができたりと今後の活動の幅を広げてくれます。

ここではドローン検定を取りたいと思っている方向けにドローン検定についてと合格するとどのようなメリットがあるかを解説しています。

ドローン検定とは?

ドローン検定は民間資格の1つで正式名称は無人航空従事者試験です。

佐賀県の企業ドローン検定協会株式会社が主催しており2015年に認定が開始されました。日本にはJUIDA、DPA、DJIなどの民間資格がありますがドローン検定は特に認定者数が多いことで有名です。

受験申し込み者数は約2万8千人と3万人に迫る勢いでその内約2万人が認定されています。第三者機関の調べにより認定者数が業界第1位と認められています。

ドローン検定でパイロットに欠かすことができない知識や操縦技術を認めてもらう事ができます。この検定が誕生した成り立ちは当時ドローンがまだ世に登場したばかりで様々な事故が発生したのが発端です。

度々ニュースが取り上げられ世間のドローンに対するネガティブイメージが蔓延し始めた時に、ドローンが受け入れられ普及する為に必要なことは何かと考えた結果パイロットの知識や技能を客観的に評価認定する制度の確立です。

受験者数や認定者数の多さからドローン検定は一定の信頼が置かれていますし民間とはいえ有効な資格として機能しています。

ドローン検定の必要性

ドローン検定は国家資格に代わるものとして必要不可欠でドローン検定の存在がなければパイロットの技術を評価することができなくなります。

ドローン検定がないと飛行許可申請の承認に時間が掛かったり法律そのものがもっと厳しくなる可能性があります。ドローン検定があるからこそ許可の可否を判断する国土交通省の手間が減りパイロットはスムーズに申し込みや承認の取得が行えます。

ドローン検定には実績がありパイロットの知識と技術を担保する資格になっています。パイロットにとっては検定のおかげで知識が身につき理解が深まり実技での操縦技術の習得に繋がります。

同等の難易度や検定の内容であればドローン検定に拘る必要はないですが認定団体が分散するとどれを選べば良いか迷ってしまうでしょう。

この検定を主催するドローン検定協会株式会社は国土交通省の国土交通省航空局に認定済みですからそれだけ運営実績が認められ期待されています。

教習所の提供も行っており試験の時は全国各地で会場を設けています。

ドローン検定の難易度

ドローン検定は複数の等級があります。難易度は等級によって異なります。

ドローン検定のカリキュラムは基礎知識を始め、物理学や工学、気象と専門知識や法令に分けられ学ぶことができます。

試験の内容により出題範囲は異なりますが基礎知識はどの等級でも学ぶ必要があり様々な項目が幅広く出題されます。合格率は60~75%で近年は高めの傾向にあります。

ドローン検定3級は50問中40問の正解で合格でき受験者数も合格者数も多いです。ドローン検定の難易度は決して高いわけではなく誰にでも合格できるチャンスがあります。

ドローン検定3級の勉強期間は数日または1週間程度の勉強で合格できる可能性があると言われています。

不安な人はドローン検定の教習所があるので公式の講習を受けて自信をつけることが可能です。

ドローン検定3級合格のメリット

ドローン検定3級に合格するとドローン操縦の基礎知識の認定が得られるので知識を有しているドローン操縦車だと認識されることになります。

受験資格は誰にでもありいきなり挑戦することも可能ですし3級合格の後により何度の高い2級受験もすることができます。

ドローン検定3級に合格することで基礎知識として各種の用語や動作の基本に様々な単位が学べます。他にも物理学の力学や工学の航空工学、気象学の基礎に機体の構造や姿勢制御なども身につきます。

ドローンのパイロットが背負う責任や保険に電波関連の法令も分かるようになるので3級合格で手に入る知識は広くドローンについての理解が深まるメリットが発揮されます。

テキストで勉強を行えば十分に合格圏内が狙えるので難易度は低く受験に挑戦してみる価値があります。合格すると合格証が発行され飛行許可申請が必要になった時に資格証明書が添付できるようになります。

更に基礎技能講習における4時間の座学が免除になったり合格者限定のコミュニティに参加できる特典もつきます。飛行ログサービスが利用できることもドローン検定3級合格のメリットです。

ドローン検定で得られるメリット

  • 国土交通省への許可承認申請時に合格証明書を添付できる
  • 基礎技能講習(国交省認定)を受講する際に座学1(4時間)が免除
  • ドローンの安全な活用に必要な最低限の知識を確実に身に着けることができる
  • 自己(自社)PRにつながる
  • 合格者のみが参加できるQ&Aコミュニティサービスに参加できる
  • 飛行ログサービス(オンラインで飛行経歴を管理できる機能)を使用できる
  • ドローン検定に合格した証であるロゴを名刺やホームページに記載できる
  • 提携団体における各種講習の受講資格を得られる
  • 提携団体における各種講習の座学が免除される
  • ドローン検定オリジナルグッズを購入できる

ドローン検定の過去問題で対策する方法

ドローン検定の試験は過去問題で対策を行うのことができます。出題内容は毎回異なり過去問題だけでは合格できるという保証はありませんが基礎を固めるのに有用です。

テキストは販売されています。出題範囲を予想して問題を公開しているサイトもあるので外出先の移動中や隙間時間に活用できます。

ドローン検定教科書

3級はテキストのみでも十分に対策できますが2級以上となると難易度が上がり、過去問題を含め複数の情報源を活用する必要があります。

正解率が上がれ自信になり試験本番で緊張したり頭が真っ白にならずに済むはずです。余裕を持って攻略できますから試験会場の雰囲気や受験時間に振り回されることもなくなります。

ドローン検定の対策方法に制限はないのでじっくりと時間を掛けて合格を目指しましょう。答えが出ている過去問題を解いていけば出題内容が違ったとしても応用に役立てることができるので過去問題の挑戦をおすすめします。

まとめ

  • ドローン検定は認定者数が業界第1位
  • ドローン検定協会株式会社は国土交通省航空局から認定済み
  • ドローン検定3級の合格率は60~75%
  • ドローン検定には過去問題のテキストが販売されている

ドローン検定について取得のメリット、合格するために必要な過去問題についてとりあげました。ドローンは今後技術発展とともに利用の場も広がっていきます。

これからドローンを使ったビジネスを行おうと考えている方はまずはドローン検定の取得を目指してみてはいかがでしょうか?